就活最新情報

2020.07.03

有効求人倍率6か月連続悪化

2020年5月の県内の有効求人倍率は、1.23倍と新型コロナウイルスの影響で6か月連続の悪化となった。
有効求人倍率は、職を求める人1人あたり何件の求人があるかを示すもので県内では先月、前の月を0.09ポイント下回る1.23倍で6カ月連続の悪化。
緊急事態宣言による外出自粛などで利用客の大幅に減った宿泊・飲食サービス業は前年同月と比べて68.6%減少している。
また、県内では新型コロナウイルスの影響で今月26日時点588人が解雇または雇止めとなっている。
福島労働局では緊急事態宣言解除後、仕事を求める動きが進み有効求人倍率が悪化する可能性があるとしている。

COMMENTコメント

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してぐるっと郡山は一切の責任を負いません