就活最新情報

2020.03.31

新型コロナウイルスの影響で雇用情勢も悪化

新型コロナウイルスの感染拡大で福島県内の雇用情勢に悪化の影響が出ています。福島労働局が3月31日付けで発表した2月の有効求人倍率は1.37倍(前月比-0.07ポイント)となり、3年5か月ぶりに1.4倍を割り込みました。福島労働局の岩瀬信也局長は記者会見で「新型コロナウイルスの影響はすでにかなり広範囲に広がっている。」と話しています。福島労働局では、今後も求人数の減少が懸念されるとしていて、特別窓口を開設して雇用助成金などの相談を受け付けています。

※「有効求人倍率」とは?
 職を求める人、1人あたりに何件の仕事があるかを示すもの

COMMENTコメント

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してぐるっと郡山は一切の責任を負いません